• TEL:03-3331-3553

    〒167-0052

    東京都杉並区南荻窪3-25-19

    休診日 / 水曜日・日曜日・祝日

    JR荻窪駅西口
    東京メトロ荻窪駅西口
    徒歩9分
    南荻窪4丁目交差点角

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

お知らせ

麻疹(はしか)の予防接種について ~お問い合わせが多くなっております。接種をご希望の方はご一読ください。~

2018/04/26(木)

麻疹の特徴は、極めて強い感染力と症状が重いことです。
罹患者数がまだ120名余りであるにもかかわらず、これだけマスコミなどで大きく取り上げられているのはそのためです。
罹患すると合併症がなくても入院を要することが少なくなく、回復までに時間のかかる重症な病気です。

治療薬はなく、2回のワクチン接種で予防することができます。
しかし、29歳以上の方は子どもの時に1回接種か未接種で、成人になって接種した記録や記憶がなければ、接種回数が足りていません。
該当する方は、早めの接種をお勧めします。

麻疹について詳しくは、次のURLをご覧ください(国立感染症研究所HP)。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/id/655-disease-based/ma/measles/idsc/549-measles-qa.html


当院で麻疹の予防接種をご希望の方は、以下をお読みください。

<受付・受診方法>
麻疹の予防接種は田村剛医師が担当しています。

携帯電話・パソコン等からオンラインで受付しています。
オンラインの受付方法には、接種当日に受付する「順番取り」と事前に時間予約をする「時間予約」の2つがあります。

オンライン受付のURLはコチラ
 ⇒ http://junban.com/hashimoto/
受付の方法はコチラ
 ⇒ 「予防接種」の順番取りの方法はコチラ
 ⇒ 「予防接種」の時間予約の方法はコチラ

<注意事項など>
麻疹予防のワクチンには、MR(麻疹・風疹混合)ワクチンと麻疹単独ワクチンがありますが、後者は現在入手困難であり、通常麻疹のワクチン接種回数が足りていない方は風疹のそれも足りていないことが多いため、MRワクチンを接種しています。MRワクチンは常に在庫があるので、事前連絡は必要ありません。

子どものときに麻疹に罹ったことがあると答えた人の多くは、勘違いなど実際には罹っておらず、抗体がないことも知られています。麻疹の抗体がある状態で、重ねて予防接種を受けても問題ありません。

これらのワクチンは、妊娠している方および妊娠している可能性がある方は、接種することができません。また、接種後2ヶ月は避妊が必要です(女性のみ)。授乳中の女性に接種しても問題ありません。

MRワクチンの注意事項及び予診票は、コチラ。
http://www.hashimotoiin.com/yoshinhyou/mr_s.pdf
http://www.hashimotoiin.com/yoshinhyou/mr_y.pdf

予診票は事前に記入してから来院されるとスムーズです。

費用は、MRワクチン 8000円(税込)です。

母子手帳をお持ちの方は持参してください。

⇒前ページへ戻る

  • 初診の患者さんへ
  • 糖尿病外来 糖尿病について
  • 子どもの病気と診療方針
  • 子どもの予防接種
  • 治験について
  • QRコード対応携帯の方は左のバーコードを読み取るだけでURLが表示されます。

  • 文字サイズ小 文字サイズ中 文字サイズ大
  • 求人募集(看護師・医療事務員)
  • 医療機能情報